« お悔やみ申し上げます | トップページ | VIVA!デジタルメイク »

タバコ被害と向き合う その4

北里研究所病院から、A4版の封書が届いた。
結構、分厚い。

診察券と、病院のパンフ。
化学物質過敏症外来の資料も入ってて、
これは、病院パンフよりもページ数があります。
シックハウス症候群に関する雑誌記事のコピーまで添えてある。
そして、キャンセル待ち申し込みハガキ。
さらに、強力活性炭入り脱臭マスク!
……行き届いてるなぁ。

そして、問診表。
これが、A4で14枚もある超大作。
……これ、全部書くのか。
……後にしよう。

受診当日も、なかなか大変そうです。
まず、前日の準備として、センター内の空気を清浄に保つために、
しておかなくてはならないことがある。

・入浴時の石鹸・シャンプー・リンスは、香料の入っていないものをご使用ください。
・化粧水・乳液・日焼け止めクリームを含む化粧品類・マニキュア・香水・ヘアースプレー・ムース・ポマード等の整髪料および制汗剤は、化学物質を非常に多く含む製品であるため、使用しないでください。
・喫煙・飲酒は前日から中止してください。

本当はこの他にも、まだまだ項目がある。
それぐらい、化学物質過敏症の人にとって、
身の回りのものは危険に満ちているんだろう。
私にとって、タバコ残臭のある人や場所が、嘔吐の対象であるように。

よし、無香料のシャンプーセットを買いに行こうっと。

化粧品関係は、まったく問題なしッス。
無香料の石鹸で洗ったあとに、ほっとけばいいんでしょ?
それは、ほぼ普段通りなので。
はっはっは。

あとは、気になる初診料の内訳も、ちゃんと資料に明記されてました。

・一部負担金(保険適用後の受診料) 18,000~20,000円
 →カルテ作成
 →採血・採尿・心電図・視力・眼圧検査
 →センターの環境への順応時間を利用し、化学物質過敏症に関するビデオ鑑賞
 →眼球運動検査
 →MTF(白黒のコントラスト感度検査)
 →瞳孔検査
 →診察
 →次回予約 という流れで、所要時間は3~4時間。長い……。
化学物質過敏症の症状のひとつとして、自律神経機能の障害による
目の異常を伴う場合があるそうで、眼科的検査が組み込まれているそうです。へぇ~。
・入室料(検査衣、履物等の消耗品代含む) 5,000円
・郵送費(パンフ、問診表、マスク等の代金及び郵送代) 1,000円

----------------------------------------------------
合計 24,000~26,000円

って、マスク有料 っすか。

|

« お悔やみ申し上げます | トップページ | VIVA!デジタルメイク »

化学物質過敏症」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タバコ被害と向き合う その4:

« お悔やみ申し上げます | トップページ | VIVA!デジタルメイク »