« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

33歳になりました

大晦日に生まれて、早33年です。
母・ヨウコさんが33歳のときには、
10歳の私と8歳の弟を育てていたって言うんだから、たまらん。

 「大丈夫よ! 最近の人たちは、頭ん中が10歳若いっていうじゃない?」

と、ヨウコさん。

母よ、ありがとう。
でも、見た目はしっかり30代ッス。
そして体力年齢は、間違いなく60代。
最近の寒さは、腰にきます。

顔も、めっきり老けました。
三十路を迎えるまでは、20代前半に見てもらえるような肌だったけど、
三十路を越えた途端に、顔の肉の弾力が急に衰えた。
あっと気がついたら、顔がプリッとしてないんだよねぇ、プリッと。
骨格に沿って肉づきが均一になってきたので、
太るとたるむし、やせると凹凸のある顔になるし、
どうしたって若く見えない。
しみじみと鏡に見入っては、新たなシミを見つける今日この頃です。

しかーし!

脳年齢は26歳だったもんね!! わぁい!ヾ(*ΦωΦ)ノ♪

 「10歳若くないじゃん」

……ちっくしょう。
だって、記憶系と算数系の問題になると、目がかすむんだもん!!
。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。ウエーン!

来年は、100マス計算にも挑戦して、
せめて頭ん中だけでも若さを保つ努力をします。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事をすると痩せるので

9月末で仕事をやめてこのかた、
ごはんの買い出しがない限り、1日中、こたつん中に引きこもり生活。
ぬくぬくぬくぬくぬく……(*´ェ`*)

そしたら、太った。

そりゃそうだ。

なので、そろそろダイエットと稼ぎを兼ねて外に出ることにしました。
絶対に完全禁煙で、残業ナシで、土日祝日GW盆暮れ正月はちゃんと休めて、
社会保険完備で、仕事を家に持ち帰らなくてもよくて、
仕事のために自腹切ったりしなくていい事務職するぞ、オー!

正直、次の仕事に求める条件はもっといっぱいある。
そんな私の欲求を満たすには、派遣会社のサイトが抜群に便利。
今回は、ここでマイ情報を登録してみました。

その条件とは。

長期就業 時給1,200円以上 交通費全額支給
始業10:00以降 残業なし 土日祝日休み
オフィス完全禁煙 駅から徒歩5分以内 英語力不要
通勤時間40分以内 WORD、EXCELのスキル WEB関係のスキル
■希望職種■一般事務、営業事務、医療事務、編集・校正・制作、その他クリエイティブ職、その他WEB関連

あるかな? あるのか? こんな都合のいい職場が。
とりあえず、条件にあう仕事があったらメールがくるそうなので、
それを気長に待つとする。

あまり太りすぎる前に、見つかってほしい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして、健康診断

パンパカパーン♪
北里に行く前に近所の総合病院で受けた、いろんな検査の結果も発表しまーす。

尿検査 正常
血液検査 正常
心電図 正常
胸部レントゲン 正常

ただし、結果を聞きに行ったときの血圧が、問題だった。

上73/下31

史上最低記録更新です!c(>ω<)ゞ

で、先生がのたもうた。

 「大動脈炎症候群の可能性がないかどうか、一応検査してみましょうか」

って、なんじゃそりゃー!

 「膠原病というか、免疫異常のひとつです」

免疫異常とは、免疫が体外からの異物ではなくて、
自分自身の細胞を異物と勘違いして攻撃しちゃう状態。
わかりやすく言うと、免疫異常の矛先が関節に向かえば「リュウマチ」で、
血管に向かうとこういう症名になるそうな。
太めの血管に炎症ができて、その部分の血管が細くなってしまい、
本当は血圧が上がるのに、脈がふれにくくなるので、
数値的には血圧が下がったように出てしまうのが特徴とのこと。

先生の見立てではその可能性は低いけど、まぁ念のためってことで、
心エコーと血圧脈波検査の予約を入れてきました。
エコー、初めて! この際だから、もうなんでも検査しちゃうわよ。

そんでもって、こないだの北里での検査では、もうちょっと詳しい結果が聞けた。

尿検査 正常
血液検査 赤血球が通常より大きい。これは、貧血になると赤血球の酸素や栄養素を運ぶ能力が低下して、それを補うために大きくなることがあるそうだ。でも、私は貧血じゃないし、赤血球の数も普通だから、なぜ大きいのかちょっと気になる、と言われた。加えて白血球が少し多めなので、どっかで炎症が起きているかも、とのこと。
心電図 洞性不整脈。鼓動のペースが時々早くなるけど、悪性ではないので気にしなくていいと言われた。

不整脈!
そういえば、総合病院に検査結果を聞きに行ったとき、内科受付の看護師が、
 「先日、心電図をとったあと、先生の診察を受けられましたか?」
って、聞いてきたのが不思議で覚えてたんだけど、アレがコレか?
血圧脈波の検査するのは、このせいか?

いやぁ~、いろんな病院で見てもらうと、いろんな病名が出てくるもんだね。
この調子で、セカンドオピニオンをたくさん受けようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北里研究所病院での診察結果

 「重症ではないけれど、正常ではないですね」

という結果が出ました。

アレルギーは、異物に対する免疫反応で、身体に一定の変調をきたすのに対し、
化学物質過敏症は、
異物によって中枢神経が異常をきたし、さまざまな変調を起こすという違いがある。
だから、過敏症の診断では、自律神経と脳神経の検査をいくつかするんだけど、
私の検査結果のグラフはすべて、
正常な人と過敏症の人の数値を足して2で割ったような形になっていた。
重症患者ほどではないにしろ、正常な人には出ない乱れが大きく出ていて、

 「過敏“症”に向かうレールに乗った、過敏“状態”って感じかな」

と診断されたのでした。

治すには、身の回りからできるだけの化学物質をなくしつつ、
身体の解毒力と新陳代謝を高めるような生活をすればいいとのこと。
でも効果は実にゆーっくりとしか表れないので、
面倒くさがって中途半端にしてしまうと、逆に症状が悪化してしまうので、
ちゃんとやりましょう、とのこと。

再診を受けて、先生の指導のもとに生活改善に取り組んでもいいし、
先生が薦める本を参考に、独自に取り組んでもいいし、
それはあなたに任せます、と。
化学物質過敏症は、保険診療病名として認められていないから、
全額自己負担の再診をしなくて済むなら、それに越したことはないという考え。

 「タバコがつらいなら、パートナーにもよく相談して、協力してもらわないとね」

ゲンは、普段はもうタバコを吸ってません。
でも、飲み会に行くと、ちょっと吸って帰ってくることがある。

 「タバコを吸った人の肺には、タバコが貯まっているから、その人が呼吸をするだけで、その場の空気が汚染されるの。その汚染度は工場や車の比じゃないから、やめてもらわないとダメだよ」

って、マジですか(゜д゜)!? ほえ~。
ゲンもびっくり。完全禁煙してくれるって、言ってくれた。うふふー。

でも正直、再診を申し込むかどうかは、決めかねてます。
先生が言った、「私の指導は厳しいです。中途半端に治療するぐらいならやらないほうがいいので、よく考えてください」という言葉に、ちょっとビビってるのと、
独自に取り組んで済むならそれにこしたことはない、という甘い言葉もリフレイン。
とりあえず、今使っているいろんなものを、できる限り無添加のものに買い換えることから始めようかと、いろんな商品を物色中です。

でも、先生のこの言葉には救われた。

 「タバコが原因って、思いつめなくてもいいから」

タバコの煙には4000種類もの化学物質が含まれているから、
その中のどれが原因かなんて、突き止めるのは無理なんだって。
そして、決して人が吸ったタバコのせいでこの病気になったって思うな、とも言われた。
私自身、喫煙経験があるわけだし、

 「そのせいかもしれないでしょ?」

と、諌められた。
本当、そうだよね。反省。すみません。

そうそう、お香もタバコと同じで、煙が出るってことは不完全燃焼してるってことで、
それだけで化学物質を撒き散らしているんだから、使うのはやめなさいと、怒られた。
お気に入りのお香を買い足したばかりなのに……悲しい。

それにしても、過敏症外来のあるクリーンルームは、素晴らしかった。
オーガニックの診察服に着替えて、二重のドアを抜けたその瞬間から、
なっんとも言えずに気持ちが良かった。

なーんにも臭いがしない、爽やかな部屋だったの。

心置きなく深呼吸。何度も深呼吸するのが、楽しかった。
意識してクンクンしても、何も感じない。
ん? 何か臭った? と思ったら、それは自分の手のひらの臭いで。
私の手ってこんな臭いなんだと軽く驚いて、手の甲も嗅ぐ。
手のひらと同じ臭いがするけど、ちょっと薄い。
あー、わかった。コレ、今日つけてきた手袋の臭いだ。
手のひらは汗をかくから、ちょっと濃い臭いになってるのかも。
腕を臭いを嗅ぎ比べたら、昨日お風呂で使った石鹸の臭いがかすかにするだけ。
なるほどな~と、ひとりで納得してみたり。

そんな理想的な空間にいたせいか、
診察を終えて着替えるとき、自分の服の臭いが気になった。
お気に入りのセーターも、手袋も上着も、なんだか揮発クサい。
一般外来への扉を開けた瞬間もすごかった。
外よりはクリーンな病院の中なのに、いろんな異臭がムンッと鼻を突いた。
外は排ガス臭が渦を巻いているし、
家に帰ってきたら、なんだか鉄クサい。

世の中、いろんな臭いがするんだなぁ~と、改めて感じた1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

結果が出るのは15日

いつもゲンに怒られていることなんだけど、
高校卒業以来、健康診断を受けてないと言ったら、
他の人にもすっごい怒られた。

しょうがないので、病院に行ってきましたよ。

健康診断をしたいです、と言ってしまうと、保険適用外になっちゃうので、
「最近、体の調子が悪くて~」と普通に診察を受けつつ、
いろんな検査をしてくれる方向に持っていく作戦。
せっかくなので、最近の気になる症状をちゃんと書いてみた。

 ・夜、寝ているときに、胸の痛みで目が覚めることがある
 ・座っているのに、めまいがすることがある

実は……もうひとつ、気になることがあるんだけど……ちょっと恥ずかしい。
でも、内臓疾患が絡んでいたらイヤだから、思い切って書いた。

 ・1週間前から、おならが異常にくさい

なんかねー、すっごいクッサイの!
食事はいつもと変わらないし、お通じは普通だし、何も思い当たることないのに
虫ぐらいなら殺せるんじゃないかと思うぐらいクサイの。
正直、自分でもめげる。
だからこの際、原因がわかればいいなと思って書いたのに。

 「おならがクサイのは……個人差もありますからねぇ」

と、苦笑されて終了。

チックショー!!!!ヽ(`д´#)ノ (by小梅太夫)

それ以外は、肋間神経痛のテストとか、脳神経のテストとか、
なんかいろいろやってくれた。
でも、どれも当てはまらなかったので、

 「じゃあ、一通り検査してみましょうか」

ってことになった。よしよし。
尿検査と、血液検査、心電図に胸部レントゲン。

……ってこれ、
16日に北里で受ける予定の基本検診と一緒じゃーん!<( ̄□ ̄;)>

 「6,180円です~」

大失敗。
慣れないことするもんじゃない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

肝に銘じます

林家こぶ平改メ 九代 林家正蔵 襲名披露 “特選落語名人会”』に行ってみた。

落語を聞くのは、だい~ぶ前に浅草の寄席にふらりと入って以来の2度目。
そのときの噺家さんは知らない人だったけど、とっても面白かった。
手品や曲芸などの寄席演芸もあって小一時間楽しめて、
チケットは映画と同じくらいだから、とってもお得。

今回は、三遊亭圓歌師匠と、春風亭小朝師匠も高座にあがる襲名披露。
なのにチケットはS席たったの4,500円。
んもー安いわ~。うっとりしちゃう。

小朝師匠は、やっぱり素晴らしかった。
軽口の世間話から始まって、それがもうウイットに富んでいて面白くって、
続いたネタが、『親子酒』。
禁酒を誓い合った父と息子が、結局互いの居ぬまにべろべろに飲んじゃう話なんだけど、
そのおバカっぷりと飲みっぷりが、おっかしくて最高だった。

圓歌師匠は、ご自分の身内話をネタにした『中沢家の人々』。
実の両親と、亡くなった前妻の両親と、今の奥さんの両親の計6人もの親を、
ひとつ屋根の下で養っていたというすごい実話がもとになっていて、
これまためちゃめちゃおかしかった。
宮内省から「天皇陛下の御前で落語をしてほしい」という電話がかかってきたんだけど、
それが4月1日だったもんで、信じるわけねぇだろ!っていう話もあって、
おっもしろかったぁ。

さて、肝心の林家正蔵が披露したのが、『芝浜』。
酒びたりで仕事をしない魚屋が、久々に浜へ仕入れにいってみたら、
大金の入った財布を拾ってしまって有頂天になる話。
しっかり者の奥さんにジンとくる人情話なんだけど……。
なんというか、キレイに上手で、あまり感動しなかった。
うまいなぁ~とは、思ったんだけど。

年季の差を、目の当たりにした思い。

上手だけでは、人を惹きつけられない落語の奥深さ。
大変勉強になりました。

それを裏付けるように、何より今回心に残ったのは、
小朝師匠の口上での一言。

 「正蔵は日々稽古を積んでまいりましたが、それは自分が安心するための稽古でした。
  これからは、芸を磨く稽古をしていかなくてはなりません」

恐れ入るお言葉に、私の背筋もつられて伸びた。
甘やかさずに叱咤激励し、お客様に対しての筋をきちんと通す。
そんな師弟関係が、ちょっとうらやましくもあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素晴らしい!

「喫煙者は雇いません」 WHO、職員採用で新政策

これはイイ!!

禁煙の会社でも、外でタバコを吸ってる社員はいるじゃない?
そんなヤニ臭い人がクリーンなオフィスの中にいると、
逆にその人の臭いが強烈に臭うから、禁煙の意味が半減しちゃうんだよね。
だけど、タバコを吸う人が絶対にいない会社なら、
本当に安心して働ける~~~(´▽`)ウットリ

でも、そんな素敵な会社がすぐに日本に出現することはなさそうだから、
とりあえず、病院や薬局などすべての医療機関での完全禁煙化と、
医療スタッフの禁煙化から着手してほしい。

病院に喫煙スペースがあるのは、どう考えてもおかしいし、
医師の息がタバコ臭い日にゃあ、椅子ぶん投げて殴りたくなる。
ウチの近所のU総合病院なんて、
禁煙外来があるくせに喫煙スペースがあるんだからすごいよね。
まさに、マッチポンプ!
別のS病院は、喫煙スペースはないけれど処方薬局がビックリで、
入り口の横にわざわざウッドテラスを作って、ベンチセットなんか置いて
喫煙スペースに仕立ててんだから、呆れます。
自動ドアが開くたびに煙が中に入ってくるせいで、薬局なのにヤニ臭い。
そんで、レジで禁煙ガム売ってんだから、節操がないにもほどがある。

取り締まってくんないかなー、WHO。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »