« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

100均で速攻買い直し(;´Д`A ```

社内の回覧書類は、読んだら表紙に印鑑を押して次の人に回す。

このあいだ、初めて私にも回覧が回ってきた。
ところが、まだシャチハタを買ってなくて、
別に赤ペンでサインするんでもいいんだけど、
それだと目立って恥ずかしいし、
せっかくなので、お昼休みに近所の文具屋に買いに行った。

お店には、3種類のシャチハタがあった。
直径6mmのちっちゃな訂正印と、
直径9.5mmの楷書体。一般的なやつだ。
そして、直径11mmの古印体。どっしりしている感じ。

当然、楷書体のを買おうとしたんだけど、
別に珍しい名字じゃないのに、見当たらない。
「阿部」「安倍」「阿倍」はあるのに、「安部」だけがない。
一応見てみた訂正印のラックにも入ってない。
せっかく“20%OFF”ってラベルが貼ってあるのに!
しょうがなく古印体のラックを見たら、3つもあった。解せない。
しかも、これだけ定価。
元々ちょっとお高いハンコなのに。

ちくしょう……。

だけど、せっかく買いに来たし、シャチハタ押したかったから、
買いましたよ古印体。
で、帰って書類にポンと押して、これでよし!

の、はずだったんだけど。

30人近くが捺印しているシャチハタのほとんどが一般的な楷書体で、
古印体は私も含めて2個だけ。これが一際目立つ。
でも私だけじゃないし、ま、いっか~って思ったんだけど、
そのハンコの名字はよくよく見れば、

なんと、副会長のでした。(;゜(エ)゜)ヒャー!

よりにもよって一番偉い人とおそろいって、それはマズイだろ!!

目が点になるって、本当にあるんだね。
久々に冷や汗かいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

副会長の優しさに涙

“完全禁煙”ということで決めた新しい職場は、
実は、私が派遣された部署だけが禁煙で、
違うフロアにある「本部」と呼ばれる他の部署はタバコOKという環境で、
ちょっと騙された気がしていた。

それが、唐突に2月1日付けで、全部署が完全禁煙になってしまった。

 「明日から本部も完全禁煙にしてはどうか?」

と、1月31日の月末定例会の席上で、副会長が唐突に提案。
鶴の一声状態でそのまま可決され、移行期間ゼロで、翌日施行されてしまったのだ。

早っ!!

事の始まりは、喫煙環境と長年戦ってきた本部の女の子が、
ついにキレて「なんとかしてください!」と副会長に直訴したことだった。
切実に訴える女の子の話を、
副会長は、じっと彼女の目を見て、うんうんと頷きながら聞いてくれたんだって。
で、即断即決即実行。

なっっんていい人なんだー!!
うっとりしちゃうぅぅ~。
だって、だって、副会長も喫煙者なんだよ?

うっとりしちゃう理由はもうひとつある。
副会長がその決断に至るきっかけのひとつに、私の存在もあったというのだ。
入社してまだたった半月で1回挨拶しただけのこっぱ契約社員の私が、
タバコがダメなことをちゃんと知っていて、
しかも、それを気にかけてくださっていたというのだ。

化学物質過敏症は、周りに理解してもらうのがすごく難しい。
タンスのどこにムシューダが入ってるか、部屋に入っただけで臭いでわかるなんて、
まぁ理解しろっていうほうが難しいと思う。思うんだけど、

 「へぇ~、すごいね」

って、人の苦しみを超能力に対するような一言で片付けられることが多くて、
さすがにそれは、かなり気持ちが冷える。
だから、

 「僕にできることは、それぐらいだからね」

ってニッと笑ってくれた副会長の人柄は、本当に、涙が出るほど嬉しかった。
直接説明したって、タバコを控えてくれない人がほとんどなのに、
副会長は、私のことを人づてに聞いただけで、きちんと考えてくださった。

そして、副会長の優しさは、それだけでは終わらなかった。

同じビルに入っている他の関連会社の禁煙化も進めて、
いずれはビルごと完全禁煙にするつもりだというのだ。
ついでに、会社の親睦会費で催す飲み会も、禁煙にしてくれるって。

…………なんだかもう、ありがたすぎて、呆けます。

 「だってあなたは悪くないでしょう。我々喫煙者が考えなくてはいかんことでしょう」

って、早速禁煙にして行われた歓送迎会の席で、
ビールを飲みながら、副会長は真剣な顔をしてくれた。

LOVE、副会長。
あなたのために、仕事頑張ります!!。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »