« あとどれだけ時間をかければいいのか | トップページ | ○×バトン »

マルチタスク化計画!

 「あなたは、こよりに火ぃつけるために、
  わざわざ焚き火を用意するような人だからねぇ」

そう。もし、

 「こよりに火をつけるから、火を用意して」

って言われたら、みんなどうする?

私は、考えすぎてしまうのだ。
こよりったっていろんな太さがあるし、
材質もわかんないし、何本あるかもわかんないし、
何のために火をつけるんだろうか、どの程度の火をつけるんだろうか……、
なんていろいろ考えた挙句に、
できる限りの場合に対応できるように、焚き火を用意してしまうのだ。
しかも、焚き火をできるだけ長く燃やしておくための準備とか、
持ち運びが必要になったときの道具とか、
ああそうだ、小分けにできたら便利かもしれない、とか、
そんなことまで考える。

いっつもこの調子なので、ごく単純な作業を言いつけられても、
ものすごくいろんなことを考えて、結果、全力で集中してしまう。
そして、集中すると、それしか目に入らなくなってしまう。

いくつか平行して進めなくてはならない作業があっても、
1つ1つしか、片付けられない。
その1つに没頭し、周りの音は聞こえなくなり、
時間はあっという間に過ぎ去る。
それで、いろいろ失敗もするわけで……。
で、イジけつつも、言い訳してみたりする。

 「ライオンはウサギを狩るのにも全力出すから、いいんだもん」

 「でも、だから疲れるんでしょ?」

 「うん……」

 「なんとなく、周りに気を向ける練習してみたら?」

 「どうやって?」

 「マルチタスクにするの」

……メモリ増設するの?

ゲンは言う。
あなたは、ひとつのことに目も手も耳も意識も全部使っちゃって、
それ以外のことには生返事になっちゃうでしょ。

はい、そうです。

だからとりあえず、何か耳に入ってきたら、
耳はいったんそっちに回してみたら?

あー、なるほどねぇ。

でも、耳に入ってきたものに反応するには、
最初から耳を少し空けておかなくちゃいけない。
耳は目と連動しているから、目も少し空けておかなくちゃいけない。
結局は、手元に集中しすぎるなと、いうことか。

 「脳全体を浅くフルに使うんじゃなくて、
  脳の一部分を深く使って、他を空けておく感じ」

と、ゲンは言うけれど。

まぁ、やってみるよ。
明日から、アンテナ張るよ。

せめて、同時に3つくらいは、できるようになりたいなぁ。

|

« あとどれだけ時間をかければいいのか | トップページ | ○×バトン »

仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチタスク化計画!:

« あとどれだけ時間をかければいいのか | トップページ | ○×バトン »