« 大人の階段、転ぶ | トップページ | 大人の階段って、めんどくせぇ。 »

Love Letter to...

押してもダメなら、引いてみる。
引いてもダメなら、押してみる。

それは、実はただの一人相撲で。

そんなに無理して頑張らなくてもいいじゃない。
ただ好きなだけで、いいじゃない。
無償の愛とか、そういうむずかしいことじゃなくて、
ああ、私はあの人が好きだと、思える幸せ。
そんなふうに好きな人がいる、幸せ。

なにものにもかえがたい気持ち。
それがあの人に伝わらなくても、
伝えることができなくても、
どうか、苦しまないで。そんなに、泣かないで。
あきらめたりしなくてもいい。
忘れたりなんか、しなくてもいいから。

本当に、なにものにもかえがたい気持ちなのだから。
それはとても、愛しくて、きらきらと輝く、
奇跡のような心の動きなのだから。

切ないかもしれないけれど、
さみしいかもしれないけれど、
それでも、あの人が好きだと思うその気持ちは、
あなたの心をあたたかく灯し、笑顔を柔らかくふちどる。

どうか、あなたの気持ちが空へと昇り、
大好きなあの人の幸せを照らすことができますように。

胸の奥の思いを包み込むすべての人たちへ。
メリー、クリスマス。

|

« 大人の階段、転ぶ | トップページ | 大人の階段って、めんどくせぇ。 »

散文」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Love Letter to...:

« 大人の階段、転ぶ | トップページ | 大人の階段って、めんどくせぇ。 »