« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

夏休み6日目

0708241 0708242 0708243










バケーションですから、旅行もね!
というわけで、涼を求めて長瀞へ。

こないだ最高気温を記録した地域に、何が涼を求めてなんだかわかりませんが、どうしても乗りたいものがあったのです。

それは、「SL」と「ライン下り」。

秩父鉄道にSLの運行があると気がついたのは、夏休み一週間前。
秩父鉄道のサイトを見ると、指定席はみどりの窓口でのみ販売、とある。
まだある か? いやぁないだろ。と思いつつも、
シゴハチに乗りたい気持ちが抑えられずに昼休みに会社を抜け出し、
早足で歩いたせいでみどりの窓口に着いたときに は、汗ムンムン状態。

 「あ~1枚だけならありますねぇ」

くあー! 1枚!“o(>ω<)o”

しょうがないので、またもや早足で会社に戻り、
汗を噴き出しながら再び秩父鉄道サイトにアクセスしたら、
自由席はネットで申し込めるじゃない。
もうそれでいいや!と勢いこんで申し込んだら、

 『予約確認メールは、2~3日以内にお送りいたします』

って、そんな悠長に待てるかぁ!!

ちなみに、自由席は秩父鉄道に電話して予約することもできます。
最初っからそうすりゃよかったってへたり込むぐらい、あっさり予約が取れました。

SLは、楽しかったッス。
汽笛がなるたびに軽く興奮したりしてね。
発車前の汽笛と立ち昇る爆煙は凄かった!!
ホームがビリビリ震えたもんね!

ライン下りは、数年前に長瀞に行ったときに「運休」で乗れなかったので、
一度乗ってみたいとずっと思っていたのです。
川の流れが穏やかな場所を「瀞場(とろば)」と言うそうで、
それが長く続くことから「長瀞」という地名になったのだそうです。
川のせせらぐ水の音 とそよ風、
両岸に続く岩畳の景色が、なんとも気持ちよかった。
6kmを1時間かけて下る一番長いコースを選んだのに、
もうあっという間で、もっとのんびり 乗っていたかった。
気持ちのいい時間は経つのが早い。

最後に、穴場。
宝登山の山頂近くにある宝登山神社の境内は、
天高く伸びる木々に覆われた至極の木陰が広がっています。
下界が30℃を軽く超えているというのに、そこは別世界のように涼しく。
自然の贅沢を満喫できる、真夏の超おすすめスポットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み5日目

070823_1 070823_2





連日の遊び疲れが体に溜まってきたので、今日は家でまったりお休み。
「男鹿和雄展」で買ってきた、男鹿さんの絵本「ねずてん」を読んだり、
最近観た映画のパンフを読み返したり、お茶を飲んではうとうとしたり。

「ねずてん」は、日本昔ばなしのような雰囲気のある、
くすくす笑えるイカした絵本でした。
展示会の図録には心惹かれなかったけど、
「ねずてん」の印刷はいい色出てたし、
馬鹿で茶目っ気のある大人の話に惹かれて買ってもらったのでした。

好きなカットは、ねずてんのことを教えてくれる銭湯のおやじのドアップ。
いるよいるよ、ああいうおやじが、ウチの田舎にはわんさか(^^;

夜は、資格の勉強をしに学校へ。
今日もちょっと居眠りこいてしまいました。
どうにもややこしく、興味ももてない分野なのよね……。
月曜日は模試なのに、先が思いやられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み4日目

カメラのバッテリーが切れた!
毎日フルに撮って遊んでたからなぁ……。
というわけで、今日は携帯のカメラでパチリ。

070822_1 070822_3 070822_2











(左)光学ズーム=×2
(中)ズームなし+オペラグラス経由=×8
(右)光学ズーム+オペラグラス=×16

カメラのレンズをオペラグラスにぴったりくっつけて撮影してみた。
ちゃんと取れるのね! いや面白い。
さすがに16倍も寄るとが手ブレがひどいので、
今度やるときは固定道具を駆使してバッチリズームの写真を撮りたい。

さて今日は、朝からゲンと2人で、病院へ。

……なんて書くと、何の病院なのかドッキリしますが。
ゲンは皮膚科で、私は歯医者。
色気のない話です。
たまには平日の午前中にじっくり診察を受けたいよね、なんてことですよ。

肌荒れのゲンに別れを告げて、
私は紹介状を握り締めながら鶴見大学歯学部付属病院のインプラント科へ。
でも結局、インプラントをするかどうか、可能かどうかの話の前に、

 「まずは歯周病を治さないことにはね」

と、歯周病専門の先生による治療から始めることになりました。
やっぱりね(´`)-3
お定まりのレントゲンを撮って、
「こんな若いのに、こんなに歯周病進んでるの!?」と耳タコな反応をされて、
問診して、次の予約を入れて、終了。
グラついている上の歯は、インプラントしにくいそうです。
上あごの上は鼻腔につながる空洞になっているので、
上あごの骨の厚みが足りない場合、
骨に植立するインプラント体が突き抜けてしまうので、
インプラントできないケースが多いのだとか。
最低限必要な骨の厚みは、10mm。
私の上あごの厚みはパッと見、8mmぐらいしかないらしい。
ダメじゃん(T^T)

一応、「サイナスリフト」という骨を増やす手術をしてから、
インプラントに臨むこともできるそうですが、
まぁそれは先々の話で、まずは歯周病を治 しましょう、ということです。
インプラントは、虫歯にはならないけれど歯周病にはなるから、
歯周病を残したままでは、お話にならないとのこと。

歯周病って、根絶できるのかなぁ……。

午後。
「オーシャンズ13」を観る。
オーシャンズって、こんなんだったっけ?というのが率直な感想。
前回までとは、テイストが違うような気が……。気のせい?
なんだか、「ルパン三世」が実写になったような感じでした。
で、こないだ観た「図鑑に載ってない虫」に似てるなぁと、思った。
ということは、三木聡監督がルパンを撮ったら、オーシャンズになるのかな。
ということは、ソダーバーグ監督と三木聡監督の作品は似てるんだろうか。
他のを観たことがないから、わからないけど。

夜。
東京ドームで野球観戦デート。
野球に興味ないのに、球場でビールが飲みたい!という
それだけで取ったチケットは、3塁側内野指定席。中日側です。
そこしか空いてなかったんだけど、これも何かの縁だから、
今日は中日を応援するぞー!と力んで行ったのに、
先着1万名様にプレゼントされるオレンジ色のタオルを渡され、
巨人選手名鑑を渡され、席に座ったら前後左右がすべて巨人ファン。
とはいえ、3塁側外野席の中日応援団の盛り上がりが非常に近く、
やっぱり気分は中日で……、なんかこう、浮いた腰を下ろす場がないまま、
ときたま誰かがファインプレーをした瞬間に「オー!」と気分が盛り上がる、
微妙な時間を過ごしました。

教訓。
スポーツ観戦は、応援するチームを決めていかないとダメ。

でも、ハラハラしなかったもんなぁ。
それまでの攻防をリセットするような、
ポーンと一発入ったソロホームランで試合の流れが変わっちゃってさ。
そつがない。全体的に。決まりきった段取りみたいな試合運びで、
たまに起こるイレギュラーな事態のとこでだけ盛り上がる。
個人競技の集合みたいな団体競技だからしょうがないんだろうけど、
これじゃあ視聴率取れないだろうなぁと、納得できた夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み3日目

男鹿和雄展、8月21日(火)、来場者10万人に!

20070821

って、私も同じ午前中に行ったんですけど!!!!

くやしい~~~~~~。
記念すべき○人目って、一度踏んでみたいのに~~~~。
ちなみに、チケット買うのに10分待ち、
入場するのに10分待ちという、ちょい混みでした。
チケットはローソンで買っていくことをオススメします。
並ぶ列を1本減らすことができるうえに、会場でオリジナルしおりがもらえます(^^)

「男鹿和雄展」。
心ゆくまで堪能しました。
素晴らしかった。

でも、あそこまでたくさん展示するなら、
途中で休憩スペースを作って欲しかった。
「はだしのゲン」から「ゲド戦記」まで、ノンストップで順路が続いていたおかげで、
10時半頃から周り始めて、一区切りつけたのがなんと、14時半。
4時間も飲まず食わず座らずで、じっくりじっくり歩いていたせいで、
足はパンパン、お腹はペコペコ。
でも、その時点でまだ「一区切り」、なんと折り返し地点なんだな。
あと半分、企画展示が残っているのです。
そこまで、休憩スペースがないんです。

なので、これから男鹿和雄展に足を運ぶ皆さん。
数時間後に辿り着ける渡り廊下のベンチスペースで
エネルギーを補給するために、お茶とおやつは絶対に持参したほうがいいです。
あと、夕方に深川の町を歩いて帰路に着くのなら、
虫よけスプレーとかゆみ止めもお忘れなく。
木々の多い寺町なので、街中に蚊が元気いっぱいに飛んでます。

さて、美術展に行ったら必ず買う図録、画集、カタログの類ですが。

今回は、買いませんでした。

色も質感も印象も、何もとどめていないんだもの。

でも、色鮮やかなすべては4時間かけて目にしっかりと焼き付けてきた。
ため息が出る感動も、一緒に刻み込んだ。
それで十分だなと思えて、とても満足しています。

一番堪能した背景美術は、「おもひでぽろぽろ」。
描写や書き込みが細かいのなんのってもう。
で、さっきDVDを観てみたんだけど、
言われてみればこういう背景だったなぁと感慨深く。
改めて観せてもらえてわかった背景の威力と魅力に、また感動。

アニメで一番好きなシーンは?と問われれば、
「おもひでぽろぽろ」の紅花畑で朝日が昇るシーンだと答えます。
初めて観たとき、なんて綺麗なんだろう……と、釘付けになりました。
これを超えるシーンは、いまだありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み2日目

Hero_3 20070820_2











「ダイ・ハード4.0」のジャスティン・ロング。
「トランスフォーマー」のシャイア・ラブーフ。
「レミーのおいしいレストラン」のリングイニ。
最近のヒーローは、何故に皆、しっかりまゆげで情けなマスク?
そういう時流なんだろうか。

……ジャスティンはイカしたおやじになりそで楽しみ( ̄m ̄)♪

朝から3回も洗濯機を回して、ベランダいっぱいに洗濯物を干してから、
映画「トランスフォーマー」を観に、川崎チネチッタへ。

は、は、は、働く車が、ロロロロロボットにーーー!!!

萌えー(>д<)ー3-3-3-3!!!

オプティマス・プライム、LOVE!!
デカいトラックってだけでもカッコイイのに、
なんなのあのギミック、どうなってんの?
どういう仕組みでオートボットにトランスフォームしてんの?
設計図見せろー!!!

古式ゆかしい武士のような立ち居振る舞いも素敵でした。
エンディングの立ち姿はイデオンに似てました。
ていうか、誰か私にバンブルビーをください。
バンブルビー、LOVE!!!

という具合に、モエー!モエー!と、
耳から鼻から蒸気をピーピー出しながら映画館を出て、
興奮冷めやらぬままあれこれと買い物をして歩き、遊び疲れた夕方、
資格の勉強をしに学校へ。

勉強に夏休みなどないのです。

な~んてね、開始20分、船漕いで寝ちゃったんだけどね。
ハッと目が覚めたら、
教科書にミミズがのたくったような文字が残ってて、笑ってしまった。
居眠りしながら教科書にメモるなんて、ほんと何年ぶりだろう。
読めない文字を解読しながら、
学校のある日の遊びは、ほどほどにしとこうと思いました。

チネチッタ前の噴水でキャーキャー遊ぶ子供たち。
親はちょっと離れた場所で、そんな子供らを見守ってました。
私だったら、絶対一緒に遊んじゃうけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み1日目

 20070819_1_320070819_2_220070819_3_2

 


 

ハンズ横浜店でランチとお買い物をして、横浜そごうからシーバスに。
ランドマークをバックに、これでもか!と建設されているマンションに、呆ける。
あんなに建てちゃって……いいなぁ……。
一部屋でいいから誰かくんないかな。

下船後、山下公園前で用事を済ませて、
元町・中華街駅からみなとみらい線で帰宅。
ここのホームは、銀河鉄道999に出てくる駅みたいでそそる。
で、夜は、地元の花火大会。

我が家は今日から夏休みです。
日頃の素行が悪くてゲンをハラハラさせているぶん、
ここぞとばかりに一緒に遊び倒して、ゲン孝行する予定。

海へ! 山へ! 観光地へ! と、行くかもしれない。

そのための準備として、まずは日傘を買いに横浜へ行ったのだ。

私は、暑さにめっぽう弱いのです。
日差しに当たると、途端にすべてのやる気が灰になるので、
ゲン孝行するためには、何よりもまず、「涼」を確保しなければならないのです。

というわけで、私が日傘に求める機能は、優れた「赤外線カット」。
紫外線ではありません。赤外線です。
UVカットで体力が温存できるか!

一応、世間一般的なご婦人御用達の百貨店にも足を運んでみたけど、
どれも同じに見えて心惹かれず。
ていうか「雨晴兼用」って日傘、意味がわからん。
晴れてる日に使う傘を、雨の日にも使えるようにする必要がどこにあるのか。

日傘は、日傘。
本来の役割に徹底している一品は、カタログハウスにあり。

最初からコレと決めていたんだけど、やっぱいい。すごくいい!
店内で試しに広げてみた瞬間、涼しかったもんね。
室内灯も結構暑いんです。その熱を遮ったことを実感して、即購入。
本当はそこからすぐにでも使いたかったんだけど、
いろんな商品を端から端まで夢中になって眺めて触って試して遊んでいたら、
いつの間にやらすっかり日が暮れておりました。
それに気づかず、「すぐに使います!」と包装を断っちゃったぐらい興奮してたもんで、
残念やら嬉しいやら、妙なテンションで夕闇の中を帰宅。

明日からのお出かけが、超楽しみ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I may put in a false tooth.

って、英語で書けばちょっとはカッコよくなるかしら?
と思ったんだけど。

「アタシィ、1本だけ入れ歯しちゃうかも~」

って、ギャル風に訳したところで若返るわけもなく。

ずっと病んでいた上の右奥歯、
どうやら抜かなくちゃいけないような感じ。
歯ぐきの腫れがなかなか引かないし、
たまに噛み合わせが変わるぐらいグラつくから、
大好きな柿の種を恐る恐るかじらなくちゃいけないし。

ブリッジにできればいいんだけど、
実は隣の歯もグラつき始めてて、
それはやめといたほうがいいらしい。

だから、選択肢は2つ。

インプラントか、部分入れ歯か。

“部分”ってつけるとグッと加齢感が増しますな(´`)-3
やっぱりちょっと、抵抗ある。
でも、インプラントは保険適用外だから1本で数十万吹っ飛ぶっていうし、
診察と治療にエラい時間がかかるっていうじゃない?
その点、入れ歯は保険きくし、作ったものをはめるだけだからお手軽。

だけど……34の女ざかりで入れ歯ってどうなの。

温泉ラブ旅行に出かけた夜。
お部屋でまったりと浴衣で過ごしているうちに、
なんだかドキドキしてきた彼と私。
湯上りの上気した私の肌に彼の手が触れて……。

 「あ……待って……、入れ歯はずさなきゃ……」

とか言うの?

ヤダーーー!!(>д<)

なんてことにならないように、
歯科大学の紹介状を書いてもらいましたよ。
“なんてこと”自体になるの?と聞かれると、
あんまり自信ないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »