« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

あしからず。

ふと思い立ったので、mixi を退会しました。
今日、ツイッターの話もしたんだけど、
やっぱり、私には向いてないと思う。

そもそも、世間話レベルに垂れ流されるテキストや
ネット上の独特の言葉使いが嫌いなので、
一見で疲れるという好みの問題もある。

便利だとか、いろんな情報が手に入るとか、
芸能人と友達になれるとか、世界が広がるとか、
ちょっとしたことに役立ったり、勉強になったり、
得したり、損せずに済んだり、気軽に連絡が取り合えたり、
いろんなイイことがあるよ! あると楽しいよ!って言うけれど……。

もともと、情報に対する好奇心や欲求がすごく低いので、
なくても困らないものや、なくても飢えないものに、興味はないし、
そういうものは、私の人生に必要ない。
改めてそう気がついて、すごく腑に落ちた。

足りなかったら、創意工夫でなんとかするし、
ちょっとぐらい損したって、どうってことない。
知らないことを知らないまま過ごしていたって特に不都合ないし、
自分が必要だと思ったとき、必要なものを、
自力の範囲で手に入れられればそれでいい。

同じ時間を割くなら、推敲に推敲を重ねた文章や、
勢いやリズム感のある、筆が生きているような文章を読みたい。
読んで感動するものに目を通したい。

そして、自分が書く文章も、そうでありたい。
ここしばらくは、そういうものが書けていないけれど……。

このブログにアクセスする人はすごく少ないけれど、
何かを検索した拍子にたどり着いた人が、
検索結果と関係のないページまで、
舐めるように読んでいってくれることがちょいちょいある。
そして、「面白かったです!」って、メールをくれることが、稀だけど、ある。

そんなふうに、ひとときでも夢中になってもらえるものを
書きたいし、読みたいし、大事な時間はそういうことに割きたい。

mixi やツイッターには、そういう潤いがないので、やりません。
お手軽なコミュニケーションに気を取られて、
今いる場所でうわのそらになってる人を見るたびに、そう思う。

| | コメント (0)

目が覚めた

自分でも、こんな境地に達するとは思ってもみなかったんだけど、
なっちゃったので、書いてみる。

もう、仕事を頑張るの、やめます。

手を抜くって話じゃなくて、全力を出すのをやめます。
普通の会社勤めのときは、7割でおつりが来るってわかった。
5割でもいいかもしれない。

20代の頃は、仕事が人生だって思ってた。
30代になって、必要とされることにますます快感を覚えるようになった。
で、アラフォーの今、ちょっと考え方が変わった。

どこでもかしこでも必要とされなくても、いっかーと思った。
アイツ使えねぇって思われる場所があっても、いいかもしれない。
そんなの、死んでもヤだと思ってたけど、案外ありかもしれない。
いくらでも代わりはいる程度の、
可もなく不可もない、そんな感じを目指してみようと思います。

少なくとも、個人主義のつまらん相手に、全力を出す必要はない。
獅子搏兎とは言うけれど、腰の引けた兎に興味はない。
突進してくる猪とか、咆哮をあげる熊とか、疾走するカモシカと組みたい。
ビクビクしながらも、一所懸命近寄ってこようとする兎は大歓迎。
もれなく、あなどれない兎にして差し上げよう。

仕事をするとき、どんな自分でいたいかの目安のひとつは、
「自分で自分を仲間に欲しいと思えるかどうか」です。
これからは、ごく少数の相思相愛な相手からだけ、
そう思ってもらえれば十分というスタンスで、ほどよく仕事をこなしていこうと思います。

……まあ、浮いた時間で、全力を注げる副業を始めちゃうかもしれないけどね。

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »