« 2011年11月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年1月

TYPODARIUM2015 // 1.4 Sun

150104

Brisko Sans
Sans Serif,2013,Dusan Jelesijevic
www.myfonts.com

Brisko Sans is a deceptively simple,five weight family with generous letterspacing,a quirky binocular g ,and smattering of jaunty endings make for an interestingly modern sans ─ straddling both text and display.

Brisko Sansは一見シンプルながら、文字間にゆとりのある5つのウェイトと、風変わりな眼鏡のような「g」、そして小粋な終筆によって、面白いモダンなサンセリフになっています ─ 文章とディスプレイの両方に。


Verdanaやメイリオが女の子っぽくなったみたいな、
これはかわいらしい書体!
斜めすぎないイタリックもいい感じ。

このフォント、好きだ!

サンセリフ体(ゴシック体)って、
見出しに使うと映えるけど、文章に使うとちょっと読みにくい。
けど、この Brisko Sans は終筆が柔らかいから、
長文に使ってもきっと読みやすいと思うの!
文字の太さを使い分ければ、このフォントだけで見出しと本文をまかなえる気がする。
Brisko Sans、便利そうな子…!!(←月影先生)

あ~~~~、なんか英文が打ちたくてムズムズしてきた!
英語全然できないけど!

……そういえば、高校のとき、
英字新聞や雑誌のテキストを模写して、手持ちのイラストや写真を添えて、
同じ文章なのにまったく雰囲気の違うコラムを作るっていう遊びを
テスト勉強の代わりによくやってた。
そうだ、やってたやってた!わー、いきなり思い出した。

リスニングやトーキングより、書いたほうがリズムをつかめるというか、
脳に染み込む感覚があって、好きだったなぁ。

英語タイピングって、ローマ字タイピングよりも指運びが気持ちがいい。
スルスル~…って打てる。英語できないのに。
やっぱり、キー配列がそうなってるからなのかな。

……コラム遊び、久しぶりにやってみようかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TYPODARIUM2015 // 1.3 Sat

150103

FS Olivia
Serif Antiqua,2012,Eleni Beveratou
www.fontsmith.com

FS Olivia is a poetic type.A surprising and cheery face that captures the twist and turns of pen and ink on paper.

FSオリビアは、詩的な書体です。ペンとインクのねじれと回転が、紙の上にとても元気な文面を描きます。


万年筆で書いたような書体、大好物です!!
やっぱ欧文書体は、セリフ体だよねー(うっとり)。
ヨーロッパの絵本で目にしそうな、洒落た雰囲気に心ときめき。
このフォントなら、間違いなく素敵な物語を紡いでくれると思う。

…そうだ! 絵本で思い出した!
イアン・ファルコナーの「オリビア」!
おしゃまで気が強くて、好奇心旺盛なこぶたの女の子のオリビア。

150103olivia

(出典:BOOKS of WONDER


FS Olivia、オリビアにぴったりー!!!


はー…、アドレナリン出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TYPODARIUM2015 // 1.2 Fri

150102

FF Dora
Serif Antiqua,2013,Slavka Paulikova
www.fontfont.com

The headstrong girls
FF Dora's construction principles are based on a detailed study of today's handwriting styles.It is a strong-willed type family consisting of five styles: Regular,italic,Bold,Bold Italic & Display.

わがままな少女
FF Dora の構成原理は今日の手書きスタイルの詳細な研究に基づいています。Regular、italic、Bold、Bold Italic、そしてDisplayの5つのスタイルからなるたくましい書体ファミリーです。


和訳がこれであっているのかまったく自信がありませんが!!

フォント名の読みは「ドーラ」だったらいいなー!
だってこの「2」のたくましいフォルム、ラピュタのドーラにしか見えないんだもの。

150102dola
(出典:プリ画像


ドーラのスペルは「Dola」みたいなんだけど、この際、気にしない方向で。

40秒で支度しな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TYPODARIUM2015 // 1.1 Thu

150101

ALUMI
Sans serif,2014,Johannes Bayer
www.jotopia.de

EXPERIMENTAL FONT MADE OUT OF REAL ALUMINIUM DISHES
本物のアルミニウム皿で作られた実験書体


買おう買おうと思いながら何年も買い逃していたTYPODARIUMを、
ついに買いました2015!

365個のフォントが日替わりで拝める、ステキ日めくりカレンダー。
いざ元旦フォントとご対面~!と、大興奮で表紙の厚紙を切り取って、
出てきたこのフォントに、うーん……かなりテンションが下がってしまいました。
文字に……見えない。
ほんとにSans serif?  Displayじゃなくて???


フォントを「使う人」にとっての実験だったのかな。
試みは面白いと思うけど、やっぱり文字は読めてなんぼだと思うので、
一年の計が「読む人」にとって奇をてらったようなフォントなのは、ちょっと残念。

アルミカップを、ここまできれいに曲げるのは、とても大変だったと思うけど。

フォントを作るときって、太さとかバランスとか、
文字としての機能をすごく考えながら作るんだろうと思います。
特に、グラフィック要素の強いフォントを作るときは
いろんなアプローチを試みるんだろなぁ。

…あー、そうか!
「インスピレーションの計は、元旦にあり」か!

そういうことにしておこう。

なんだかしっくりきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2015年7月 »